格安スマホ

ビッグローブのsimをmicroSIMからnanoSIMに換えました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先日、2年半くらい使っていたらSIMフリースマホが壊れてしまいました。

原因は、充電口の接触不良です。

よくある故障ですね。

 

そこで、新しいSIMフリースマホをネットで探していました。

そこで気付いたことは、microSIMに対応するSIMフリー端末が少ない・・・。

 

なぜmicroSIMからnanoSIMに乗り換えたのか?

さっきも伝えたとおり、最近発売されているスマホはmicroSIMよりも、nanoSIM対応の端末の方が多いのです。

 

microSIM対応のスマホもあるのはあるけど、数が少ない。

それに、最近発売されているスマホの多くが、nanoSIMカードのみに対応。

 

この現状をみると、今後はmicroSIMカードよりも、nanoSIMカードを持っていた方が、スマホ選びの幅が広がりそう・・・。

 

そう考えたので、今回スマホを新しくすることをキッカケにして、SIMを変更することにしました。

ビッグローブのSIMを変更する手順

ビッグローブのマイページ>モバイル契約情報>BIGLOBEモバイル、ココで変更できます。

このページの、SIMカードサイズの項目で、カード種別変更から変更できます。

次のページで、希望するSIMカードを選択します。

 

ココで、確認したいのがSIMカード手数料。

そしてSIMカード準備料です。

2019年2月現在、合計で3394円(税別)が必要です。

話はそれますが、SIMカード準備料ってなんですか!?(笑)

 

なんか、こういった手数料ってホント腹立ちますよね。

ちなみにbiglobeだけが、この手数料を徴収しているわけではありません。

 

俗にいう、格安スマホ、モバイルを提供する会社は、この手数料を取っています。

それにしても、何だかんだと小銭を消費者から徴収して、嫌な感じがするのは私だけではないと思います。

SIMを変更する時、注意する事

SIMを変更すると、今まで使っていたSIMを使うことができなくなります。

そのタイミングが、新しいSIMカードが手元に届いた翌日からです。

 

なので、スマホを途切れなく使うには、新しいSIMとスマホが手元に必要です。

どちらか一方でも、手元にないと不便を感じてしまいます。

 

なので、スマホが手元に届くタイミングと、新SIMが手元に届くタイミングをよく考える必要があります。

 

そして何よりも大切なことは、SIMカードに合ったSIMフリー端末を選ぶことです。

ココを間違えると、悲劇ですので慎重に申込みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ビッグローブ エンタメフリー

    ネット

    ビッグローブの音声付きSIMにエンタメフリーオプション付けてみた。

    biglobeの格安SIMを使ってもう4年くらい経過しています。…

  2. 格安スマホ

    格安simカード、biglobeのライトSプラン契約してます。

    実際にbiglobeで音声付きsimカードを契約しています。…

  3. 格安スマホ

    biglobeの格安simを使い続けて4年、困った事がほとんどないんだけど。

    かれこれ4年くらい、biglobeの音声通話simを使っています。…

  4. 格安スマホ

    格安SIM(biglobe)を3年くらい使った口コミを書いてみる。

    格安スマホを利用して3年以上経つので、つらつら思ったことを書いていきま…

  5. 格安スマホ

    イオンの格安スマホを契約して分かった料金や評判、故障時の対応

    私がイオンの格安スマホを契約したのが今から2年前の2014年。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 引き寄せの法則

    引き寄せの法則で夢、目標が叶わない原因は何なのか!?
  2. 高校中退

    高校中退した後、通信制高校への編入をオススメしたい!
  3. 生き方

    自分の幸せの見つけ方、他人の幸せが妬ましい人にぜひ見て欲しい
  4. 猫が地面に体をこすりつけた後、脱走する理由を動物病院に聞いてみた。
  5. 生活

    安いデジタル計量器を買った!0グラム計量もできて便利。
PAGE TOP