嫁さんの機嫌をコントロールして夫婦喧嘩を避ける方法

生活

結婚している男なら、嫁さんの機嫌は、ボーナスの増減と同じくらい気になるはずです。

 

嫁さんの機嫌が悪いだけで、家内不安全になり、いつ家内戦争が起きてもおかしくないことでしょう。

こんな事を書いている僕も、出来れば家の中くらい安心して過ごしたいのです。

 

そんな僕が最近気づいた、嫁さんの機嫌を上手にコントロールする方法を紹介します。

 

かなり効果的ですので、ぜひ活用してみてください。

 

女は共有と共感が最重要事項

 

僕も本を読んで勉強したのですが、女性は共感力がめちゃくちゃ高い生き物です。

なので、他人の喜び悲しみを自分の事と受け止め、喜んだり悲しんだりする人が多いと言われています。

 

逆をいうなら、女性は共感されたい生き物だと言ってもいいです。

例えばこんな感じ・・・。

 

 

・女「今日は大変だった!」→男「大変だったんだ!疲れたね。」

・女「今日は嬉しい事があった!」→男「すごい!良かったね。」

・女「今日は悲しい事があった。」→男「どうしたの?大変だったね。」

・女「今日は大変だった!」→男「大変だったんだ!疲れたね。」

 

 

この様に、まずは共感してあげることが重要です。

ただ男にはこういった思考回路が乏しいので、難しい事かもしれません。

 

ただ家内安全の為に、まずは共感することを覚えておきましょう。

 

話を聴く能力は発展途上

 

男の中には、特に女性の話を聴くのが苦手な人もいると思います。

ですが、これは仕方ないことです。

 

どうも人は、人の話を聴くという能力がまだ発展途上らしいです。

これは男も女も同じです。

 

なので、人は話が長い人を嫌う傾向があります。

これを知った上で我々男性陣は、家内安全の為に、聴いている風のスキルを身につける必要があります。

 

ポイントは聴いている風です。

聴いてる風なので、50%くらいは聴いていない感じですね。

 

僕がやっている方法とは、部分オウム返し&目を見るです。

 

これは、相手の会話の一部分をそのまんまオウム返しするだけです。

それを、相手の目をみて実践するだけ。

 

たまに、「へぇ~。」とか「ふーん。」とか入れています。

 

ただ、これだけだと会話のキャッチボールが成立しないので、「それで?」とか、「なぜ?」みたいな話を催促する言葉を入れるようにします。

 

そうすることで、相手の満足度がまるで違ってきますから。

最初は難しいかもしれませんが、これはスキルなので練習すれば誰でも出来るようになります。

 

 

・部分オウム返し

・たまに相手の目を見る。

・「へぇ~」、「ふ~ん。」も入れる。

・話を促す言葉を使う。

 

男の非協力的な言動がマズイ

女の逆鱗(げきりん)に触れる要素の1つに、非協力的というのがあります。

 

僕も長い間、この要素に気付かなかったのですが、女に協力的になるだけで、家内の安全度は高くなります。

 

それだけ、女にとって協力というのは、大きな意味があるようです。

だから、もし話を聴くのが苦手だというあなたは、協力的な言動を心掛けてみてはどうでしょうか。

 

これは思いのほか難しくありません。

ただ、協力すれば良いのです。

 

嫁が1人でやっている事に、ただ協力するのです。

「手伝おうか?」ただこの一言をかけて、知恵を手を貸すのです。

 

これだったら、出来そうじゃないでしょうか。

 

女は感謝の言葉を待っている

 

これは僕もウッカリ忘れることが多いのですが、感謝の言葉を嫁さんに伝えることは、家内安全度を極限まで高めてくれます。

 

それだけ嫁さんは、「感謝の言葉を待っています。

なので、「いつも、ありがとう。」と伝えましょう。

 

なぜなら、いつもの生活は当たり前ではありません。

誰かの協力のもとに成り立っています。

 

なので、感謝の言葉を伝えよう。

 

それと毎回伝えると胡散臭いので、たまに伝えるようにしましょう。

 

まとめ

 

会話の一文をオウム返し&目を見る

男も女も、人の話を聴く能力は発展途上

協力的な言動を心掛ける

感謝の言葉を伝える