biglobeの格安simを使い続けて4年、困った事がほとんどないんだけど。

格安スマホ

かれこれ4年くらい、biglobeの音声通話simを使っています。

特別不満を感じたことないですが、あえて不便に感じた事や、オススメな点をつらつらと書いていきます。

 

 

格安スマホを使ってみたいけど、まだ踏み出せない人にオススメな記事です。

あと、ビッグローブのsimに興味がある人にも、参考になると思いますよ。

 

イオンの格安スマホから始まった

私の格安スマホデビューは、イオンから始まりました。

ALCATEL(アルカテル)っていうスマホに、biglobeの音声通話SIMを差してデビュー。

 

[clink url=”355.html”]

 

ちなみにですが、格安スマホを使う前は、ソフトバンクのiphoneを使っていました。

端末代金7万円一括で購入。

 

毎月の利用料金が、確か当時5000円~6000円程度だったように思います。

それに比べて今は、ASUSのzenphone Goを使っています。

 

端末代金が20000円。

毎月の利用料金が3000円~3500円くらい。

 

どちらの方がコスパが良いか一目瞭然。

スマホが故障した時が面倒なのは確かです。

 

格安スマホは故障した時が面倒です。

私の場合、ASUSのzenphone GOを使っていますけど、何度か自然故障したことがあります。

 

その時は、購入から1年以内なので保証が受けられて、無料で修理をしてもらえました。

ただ、手間がかかって面倒なのは確かです。

 

大手キャリアなら、住んでいるエリアの近くにショップがありますよね。

そこで相談して対応してもらう事ができます。

 

ただ格安スマホとかSIMが故障した場合、窓口が店舗じゃなく、電話相談からスタートです。

なので、複雑なことがわからない、面倒だって思う人は格安スマホやSIMは向いていないです。

 

格安だけに、故障やトラブルがあったとき面倒なことが増えてしまいます。

キャリアメールが使えない

ドコモ、au、ソフトバンクのスマホを使っているなら、キャリアメールが使えるはずです。

こんなやつです。

 

××××@docomo.ne.jp

××××@softbank.ne.jp

××××@au.com

 

でも格安スマホを使うと、こういったアドレスが使えないんですね。

なので、何かのサービスに登録する場合、キャリアのメールアドレスしか使えない場合困ることになります。

 

ちなみに、私の場合、キャリアのメールアドレスが使えないことで、困ったことがないです。

なぜなら、フリーのメールアドレスで登録できるサービスしか利用したことがないので。

 

フリーメールアドレスっていうのが、、、、

 

××××@gmail.com

××××@yahoo.ne.jp

 

こういったやつです。

もし、あなたがキャリアのメールアドレスが使えないと困る!っていうなら、格安スマホは向いていないです。

 

biglobeのsimを利用すると専用のメールアドレスが使える

 

モザイクの部分は、自分で好きな英数字を組み合わせて、アドレスを作ることができます。

もし、フリーのメールアドレスだけじゃ嫌なら、ビッグローブのメールアドレスが使えます。

[s_ad]

ドコモの間借り回線の速度はいかに?

biglobeはドコモの回線を間借りしています。

その回線を使って遅いな!って思う事は確かにあります。

 

私の環境では夕方17時~18時くらいが遅いかなぁ!?って感じです。

ただ人によって環境が違うので、ハッキリとは言えないのですが、遅くなる時間はあります。

 

それでも、速度が遅くてイライラする!なんてことはないです。

安い料金でスムーズにネットが楽しめるので、満足していますよ。

料金の支払い方法を確認

格安スマホ、SIMを使うときは、料金の支払い方法も確認しておくことが大切。

 

格安SIMを提供している会社によっては、クレジットカードでしか支払えない場合があります。

 

ビッグローブはクレジットカード、口座振替、NTT料金と合わせての支払いの3種類で料金が支払えます。

ただし口座振替にした場合、1回200円(税別)の手数料が必要です。

 

ちょっとあり得ない!

金を支払うのに、1回200円(税別)が利用者負担なんて・・・。

 

なので、クレジットカードか、NTT料金と合わせての支払いがベスト。

ちなみに私はクレジットカード払いにしています。

データー通信量の繰越もできる

ビッグローブの格安SIMだと、前月のデーター通信量を翌月に繰り越すことができます。

 

こんな感じで。

 

なので、データー通信量をムダにすることがありません。

今月は通信量が残ったなぁ、、、って時は、来月に多めのデーター通信量からスターとします。

 

私の場合、6ギガプランを利用しています。

なので6ギガ(6000M)までは高速データー通信を利用できます。

 

でも今月3ギガ(3000M)のデーター通信量が余ったとします。

そうすると、翌月は6ギガ+3ギガ=9ギガ(9000M)のデーター通信量を持ってスタートできます。

イメージとしてはこんな感じ。

 

(2018年11月現在)

 

これもビッグローブSIMのオススメなところ。

ビッグローブと言えばエンタメフリー

ビッグローブSIMなら、エンタメフリーっていうサービスが利用できます。

 

これって、下のサービスのデーター通信量をカウントしない、神サービスです。

■動画系

・YouTube

・Abema TV

・U-NEXT

・YouTube Kids

■音楽系

・Google Play Music

・Apple Music

・Spotify

・AWA

・radiko.jp

・Amazon Music

 

特にYouTube、AbemaTVを良く観る人にはオススメなオプション。

私の場合、アマゾンプライム会員なので、Amazon Musicも利用しています。

 

その全てのデーター通信量がカウントされないなんて、まさに神!

このエンタメオプションサービス、SIMの種類のよって月額料金が違います。

 

音声通話SIM、480円(税別)

データSIM、980円(税別)

 

私は音声通話SIMを使っているので、月額480円(税別)。

これで、データー通信量を気にせずYouTubeを観られるので、かなり満足しています。

 

ただ、AbemaTVを公式アプリでよく観るのですが、音声と映像がズレていることが多々あります。

特にAbema news観ているとき、かなりズレてますね。

 

このあたりは残念な感じです。

YouTubeを観ているときはスムーズなんですけど。

 

最後に

biglobeのsimを使い続けて分かったことを、つらつらと書いてみました。

毎月のスマホ料金を安くしたいなら、格安スマホとSIMがオススメ。

 

その中でもビッグローブは、気に入っているSIMです。

どうぞ参考にしてみてください。