防府天満宮で男の大厄(たいやく)、厄除けをした!料金も紹介。

防府天満宮 生活

男の厄年の中で、大厄とされている数えで42歳。

 

ついに私その歳になりました。

この記事を書いている時、大厄真っ只中でございます。

 

今まで一度も厄払いに行ったことが無い私ですが、ココ最近私の身の周りの変化が大きいので、厄払いをしてもらおうと考えました。

 

そこで近くの神社と言えば、防府市にある防府天満宮。

ココで神様の力を借りて、厄払いをしてもらうことに。

そもそも厄年はいつまでなのか!?

調べてみて分かったのですが、旧暦、新暦が関係しています。

旧暦で考えるなら、節分や立春を区切りで年が変わっていました。

 

ただ現代は旧暦ではなくて、新暦で生活をしていますよね。

なので正月と年末を始まりと終わりで考える神社、地域が多いです。

 

しかし、これも地域によって考え方がマチマチ。

なので厄払いをする神社で、厄年はいつからいつまでか!?って聞いてみるのが確実です。

 

防府天満宮で厄除けをする受付場所

 

防府天満宮、厄除け受付場所

長~い階段をのぼってきたところです。

ココを左へ。

 

防府天満宮、厄除け受付場所

この御祈願受付所で厄除けの受付ができます。

その他のご祈願の受付もココでできるみたいですよ。

 

住所、氏名、祈願内容を所定の用紙に記入後、初穂料をお渡ししました。

 

その後、受付で小さな鈴がついた本厄のお守りを貰いました。

この裏面に自分の名前を書いておきます。

 

防府天満宮、本厄のお守り

 

このお守り半分にパキッ!と割れるので、お祓いが終わった後、名前を書いた方を御社殿の指定された場所に置いて帰ります。

[s_ad]

防府天満宮で厄除けする時の料金(初穂料)

 

世間の相場は分かりませんけど、防府天満宮では5000円~となっているようです。

地域や宗教によって、初穂料の額はバラバラのようです。

ネットの情報だと3000円~7000円とか、5000円~10000円とか、金額も様々。

 

神社によっては、気持ちだけで・・・。というところもあるとか。

なので、予め厄払いをする神社に確認した方が良いと思いますよ。

 

ちなみに、初穂料とは神社にお支払いする謝礼をいいます。

昔はその年の初めに取れた農作物を、神様に捧げていたことが由来のようですね。

 

初穂料を入れる封筒と書き方

 

私の場合は白い封筒に初穂料を入れました。

事前にネットで調べたのですが、どれがベストなのか分からないのでシンプルに包むことに。

 

私が調べた限りでは、厄払いをする時は無地の白封筒が一般的のようです。

 

ちなみに私の場合、こんな感じにしました。

 

初穂料 書き方

 

それ以外にも蝶結びのし袋でも良いみたいです

蝶結びされているのもは値段的にも高いので、印刷された蝶結びのし袋でもOK。

 

のし袋は100均でも売ってあるので、それで十分だと思いますよ。

大切なのは気持ちだと思っていますので。

 

神様からの頂き物、撤饌(てっせん)、お神酒(おみき)

 

お神酒や撤饌(おさがり物)は、神様にお供えした下がりもので、とてもありがたい物とされています。

そういったおさがり物やお神酒は、料理に使ったりして頂くことで、神様の力を分けてもらえると考えられているようです。

 

なので、ぜひ厄払いをし終わっておさがり物やお神酒を頂いたら、ぜひそれを使って料理などをしてみましょう。

 

お酒が苦手な人は、庭にまいて敷地を清めたりすることにも使ったりします。

庭がない人は、お風呂に入れて身を清めることにも使えます。

 

おさがり物を使わないのはもったいない事なので、ぜひ厄年の人は自分の体内に摂りいれて、厄年を乗り切っていきましょう!