小学生の踵の痛み(成長痛)を保護するサポーターを買った

健康

9歳になる息子がテニスしているのですが、最近、踵が痛いと言い始めました。

調べてみると、成長痛と呼ばれる痛みらしい。

 

特に活発に動き回る男に多くみられる症状。

サッカー、野球、バスケットボール、テニスなどのスポーツをする子が、痛みを訴えるみたい。

 

シーバー病と呼ばれる踵の成長痛の原因

 

調べてみると、踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう)とかシーバー病、セーバー病と

呼ばれている症状です。

 

その痛みの仕組みはこんな感じ。

 

 

ジャンプしたり、ダッシュしたりすると、アキレス腱や足底筋膜(そくていきんまく)が引っ張られてして、踵の部分に負荷が掛かります。

 

そうすると、踵の部分が炎症を起こし、痛みが出ると言われています。

 

子供の場合は、踵の部分に骨端線と呼ばれる、柔らかい軟骨組織で出来ていて、柔らかいゆえに、負荷が掛かると亀裂が起こったり、損傷して炎症が起こるんです。

 

逆に大人になると、この骨端線部分が硬い骨になるので、痛みが出なくなるわけです。

 

なので成長痛ともいわれているのです。

 

ちなみに、足底筋膜とは足の裏にある、繊維状の腱の組織です。

 

踵の成長痛を予防するサポーターを買ってみた。

それがこれです。

↓アマゾンで買えます。

家の息子が9歳で、足のサイズは22センチ。

実際にサポーターを履かせてみたら、こんな感じです。

 

 

アマゾンのレビューをみても、21.5センチで調度良いサイズとか、23センチでちょっとキツイ感じ、こういったコメントがありました。

 

たぶんですけど、おおよそ21センチ~23センチ位の子供の足に対応したサポーターじゃないかと思っています。

 

このサポーターの特徴は、踵を持ち上げること。

それによって、アキレス腱が踵を引っ張る力を抑えるようです。

 

そうすることで、踵への負担を抑える、って仕組み。

実際、サポーターを付けてテニスシューズを履かせてみたのですが、特別動き難い感じもないみたいです。

 

ちなみに、サポーターは2つ1組入っています。

 

 

我が家の息子は、両足の踵を痛がっているので、両足のサポーターが入っているので良い買い物でした。

 

踵の成長痛(シーバー病、オスグット)を予防するストレッチ

我が家では、9歳の息子の踵の痛みを和らげるために、運動前にストレッチをさせています。

 

と言っても、そんな大げさなものではありません。

 

運動前

1.アキレス腱をしっかり伸ばす。

2.ふくらはぎを揉んであげる。

3.膝、肩、背中の体操をする。

 

運動後

1.踵の部分を冷やす。

2.お風呂でふくらはぎ、足裏を揉む。

3.踵に塗る湿布をする。

 

踵の成長痛は、8歳頃から12歳頃まで続くと言われています。

一度発症すると、再発し易いとも言われている痛みです。

 

なので、長いお付き合いになることもあるので、親が気を付けてケアしてあげることがとても大切だと思います。