子育て

小学生の子供に本を読む習慣をつけさせ好奇心を育てる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

我が家では、未就学児だった頃から、本の読み聞かせをしていました。

本を読むと言う事は、子供にとってワクワク、ドキドキを与えてくれる、素晴らしい遊びだと思います。

 

その遊びを通じて、子供の好奇心を育て、可能性をドンドン広げる方法を紹介します。

断っておきますが、僕は教育の専門家でも、科学者でもありません。

 

ですが、うちの息子は本を良く読むようになり、最近では僕にこんな質問をしてくるようになりました。

 

息子(10歳)

ねぇ、お父さん、血液ってどこで作られているか知っている!?

ねぇ、なぜ雨が降るか知っている!?

 

こんな感じです。

 

子供の好奇心を刺激してあげれば、後は勝手に子供は好きなことを始めていきます。

 

親として出来る事は、子供の可能性を広げてあげる努力をすること。

 

本を読ませて賢い子供に育てるなんて小さいこと考えず、子供と一緒に親も本の世界を楽しめたら最高!

 

こんな人向けに書いています。

子供が本を読んでくれなくて悩んでいる。
子供の好奇心を育てたい。
子供が好きそうな本が知りたい。

子供に本を読めは間違っている

 

良く大人が子供に対して、本を読め!と言います。

例えば小学生になれば、読書感想文とかそういった課題もあるので、親がそのセリフを言う機会もあると思います。

 

ですが、その親は本を読んでいるのでしょう!?

 

自分が本を読まないクセに、子供に本を読めと言えますか!?

どうせ何かと理由をつけて、面倒なことから逃げるのが大人ですよね。

 

ですが、子供はしっかり親をみているのです。

本を読まない親に、本を読めと言われても子供だって、「お父さん(お母さん)も読みなよ!」って思うはず。

 

これって当たり前の子供の意見。

 

じゃ、我が家でやっている、子供が自主的に本を読むようにやってきたことを紹介します。

 

本は親と子供が一緒に読む

 

我が家では未だに10歳の息子と一緒に、寝る前に本を読んでいます。

これは昔からずっと続けていることなんです。

 

たぶん1歳とか2歳頃から。

 

物語の本、昆虫の本、乗り物の本、最近では科学の本、医学の本。

その他、色々な本を一緒に読んできました。

 

だから、うちの子供は本を読む習慣がついてきたと確信しています。

ポイントは親と一緒です。

 

今まで本を読む習慣がなかった子が、急に本を読みはじめるのは難しいかもしれません。

 

それでも一緒に本を読むことで、子供にとって本を読むことは身近な存在になっていきます。

この積み重ねがとても大切だと思っているので、我が家ではこの方法を続けてきました。

 

小学生の子供の好奇心を育てるオススメの本

 

僕がオススメする本は2冊あります。

まず1冊目がこれ。

理科好きな子に育つふしぎなお話365

 

チェック!Amazonで理科好きな子に育つ ふしぎのお話365の詳細をみる。

 

この本のポイント

1話1ページで読み切れるようになっている。

365話収録されていて、1年掛ければ全て読み切れる。

イラストが図解がたくさんあって読み易い。

子供の”なぜ?”を優しい文章で刺激してくれる。

テーマは科学全般だけど、子供でも分かり易い。

大型本で裏表の表紙がしっかりしていて、ズッシリする感じ。

寝る前に、子供と一緒に読んであげるのに最適!

 

中身はこんな感じ。

 

理科好きな子に育つ~とありますが、それはともかくとして、この本は本当によくできています。

特に1ページ読み切り型なのが良い!

 

何ページも読まないといけない話だと、親の方がしんどくなってきます。

 

それに親が読んでみても”へぇ~”って思える内容なので、親子で楽しめる本ですよ。

 

他にも算数好きな子に育つ~の本も売られていますので、理数系の子供がいる家庭では、このシリーズオススメ!

 

2冊目はこちら。

やさしくわかる子どものための医学 人体のふしぎな話365

 

チェック!やさしくわかる子供のための医学、人体のふしぎな話365

 

この本も超絶おすすめ。

 

この本のポイント

全てのページがオールカラーでイラスト入り。

子供でも分かるような、優しい文章で人体の不思議を解説。

漢字にも振り仮名がついているので、難しい感じも読める。

裏表の表紙がしっかりしていて、重量感があります。

日常生活で感じる、人体の”なぜ!?”がたくさん出てきます。

 

我が家では、理科好きな子に育つ~を読み終わった後、こちらの人体のふしぎな話365を買いました。

 

今では一人でこの本を毎日読んでいます。

やっぱり子供はなぜ!?が好きだと思うので、本を読む習慣がない子供は、まずはこのシリーズから始めてみるのもいいかも。

 

特にこの2冊はオススメですよ。

 

賢い子に育てようと下心を持たない

 

親ってどうしても子供に期待します。

 

うちの子供をもっと勉強できる子に・・・、もっと運動ができる子に・・・。

それと一緒で、もっと本を読んで賢い子に成長して欲しい。

 

そういった期待ってしちゃいます。

僕だってバカな子供に育つより、賢い子の方が良いです。

 

だからと言って、本を読む子にして賢い子にしようとは全く思いません。

 

それよりも、子供の好奇心を刺激してあげたい、と言う想いが強かったです。

なぜかと言うと、子供が何に興味があって、何に興味がないか、それは子供にしか分からないから。

 

だから、子供と一緒に本を読むってことをしただけです。

 

子供が好奇心を刺激されたら、あとは勝手に”それ”を始めちゃいます。

 

それを親が後からサポートするだけ。

正しい子育てなんて無いと思うけど、親が出来ることは、いつの時代も子供のサポートだけだと思う。

 

間違っても賢い子に育つように~なんて思わない方が良い。

 

最後に

 

寝る前に親子一緒に本を読む習慣をつける。

親が本を読まないくせに、子供にだけ本を読め!はおかしい。

理科好きな子に育つふしぎの話365(オススメ)

やさしくわかる子どものための医学 人体のふしぎな話365(オススメ)

子供に本を読む習慣をつけさせるのに、親が下心を持たない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. そろばん検定4級合格

    子育て

    息子がそろばん4級に合格。脳の発達に良いそろばんの魅力や効果を紹介。

    うちの息子が珠算検定4級に合格しました。約5年くらいそろばん教…

  2. 子育て

    親の不仲が子供にどんな影響を与えるか記事にしてみた。

    私の体験をもとに、親の不仲が子供にどれだけ強いストレスを与えるかを紹介…

  3. 科学のふしぎな話365

    子育て

    子供の好奇心を育てる為に、親が子供と一緒に読む本を紹介

    うちには小学5年の息子がいます。(2018年時点)あと1年ちょ…

  4. 子育て

    三歳児神話をやんわり否定してみた。悩むお母さんにぜひ見て欲しい。

    うちの嫁さんと三歳神話について話をする機会があったので、その事について…

  5. 子育て

    我が家の絵本の読み聞かせを紹介-うちの子は本を読む子になりました-

    我が家には一人息子がいます。その息子がこの記事を書いている20…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 不妊

    不妊治療する夫婦が知っておくべき辛さと決めておく事。
  2. 登山

    登山!山口市にある御伊勢山~雨乞山~愛宕山を登ってきた!
  3. 高校中退

    高校中退者の仕事の探し方、住み込みで働いた体験談も紹介
  4. 旅行

    下松健康パークのプールで遊んできた!料金、食事情報など
  5. 生き方

    真面目な人がうまくいかない理由と幸運な人間になる方法
PAGE TOP