飲食店経営

俺が個人で飲食店の2号店目を出すなら立地選びはココに注意する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

私は個人で飲食店(弁当屋)を開業しました。

FCシステムを使った開業です。

 

その開業を経験してわかった、飲食店の売上はまずは立地選びが重要。

その立地選びについて、私ならこうする!ってことを記事にしてみました。

お客は来なくなる、という視点をもつ

個人で飲食店を開業する人は、夢を持ち、たくさんお客さんが来てくれるはずと妄想して、出店場所を選びます。

 

しかし、その考えが既に間違っています。

出店場所を選ぶとき、その店にはお客は来てくれなくなる、という視点を持つことが大切です。

 

例えば立地選びで間違った視点、それは、、、

 

ココは大通りに面して、お客が来てくれそうだ。

駐車場も完備されてある場所だから、お客が来てくれそうだ。

近くに大きな○○があるから、お客が来てくれそうだ。

 

こんな幻想を抱いて、お店を出す場所を選びます。

もちろん、それでピッタリ立地がハマればお客が来てくれるかもしれません。

 

しかし、来なかったらお店の経営が大変になってきます。

なので、いずれお客は来なくなる、だからどうする!?

この視点を持つことがとても重要なんです。

 

それだけ、お客を集客し続けるのは難しいことなんです。

 

開業前からお客が来ない対策を考える

 

飲食店を開業する前は、お客が勝手に来店してくれると幻想を抱きがちです。

しかし、お客は来てくれなくなります。

 

だから、出店場所を決めたら、どうやってココで集客しようか!?ってことを考えるようにした方がいい。

ただ待っているだけではダメです。

 

どうやってお店にお客を呼び込むのか!?

これを開店前からしっかり考えておくことが重要です。

 

チラシを使ったポスティング?

SNSを使った集客!?

テレビ、ラジオ等のメディアを使った集客!?

お客の口コミに期待!?

 

など、考えられるだけの集客を考え、それを実践していくことが重要。

ちなみに私のお店では、始めは予定していなかった弁当の配達業務を実施中。

 

来店客が想定していたよりも少なかったら、とにかくお客を呼び込むだけの対策が必要です。

だからこそ、その対策を開業前に考えておくべき。

来店してもらうお客さんはどんな人か?

 

自分が売る商品、そしてそれを買うお客を具体的に想定することが重要。

 

例えば1つ1000円の弁当を、一般住宅街で販売して売れるか!?って話です。

 

なので、自分が出店するエリアにはどんな職業の人達が多く住んでいて、年収はどれくらいで、どれくらいの価格帯なら売れるのか?まで考える必要があります。

 

自分の店で売る商品と客層がミスマッチを起こすと、あっ!という間に店がつぶれます。

 

ランチのビジネス客がメイン!?

夕方の主婦がメイン!?

会社帰りの人がメイン!?

土日のレジャー客がメイン!?

などなど、どんな人に多く来てもらいたいのか!?

そこをしっかり決めることも重要。

ランチ、ディナーどちらにピークがくるか?

ランチ、ディナーどちらが忙しいか!?

こういった事も考えておいた方がよいです。

 

例えばビジネス街に出せば、ランチタイムにピークがきやすい。

逆に駅近く、住宅街周辺なら夕方にピークがきやすい。

 

理想は両方にピークがきた方が売上もあがります。

ただ、売上があがるなら、それ相応の人を配置しないといけません。

 

どの業界も人手不足で困っているのに、適正な人を確保できるのか!?

人件費は毎月いくらまで使えるのか?

こういった事も考える必要があります。

 

なので、自分が出す店の特性は何か!?

客層は?

ランチ、ディナーどちらにピークがくるか?

ココをしっかり考えておく必要があります。

 

ライバル店の強み、弱みを調べる。

 

ライバル店、競合店の調査をして、相手の強みと弱みを考える事も重要です。

 

自分がお店を出して、本当にそこで生き残っていけるか!?

ココをシビアに考える為に、徹底して相手の分析をしなければいけません。

 

例えばコンビニ1つとっても、競合店になります。

毎週新商品を発売して、お客が飽きない工夫をしていますよね。

それにATMを設置したり、弁当、菓子、飲料、おでん、コーヒーなどなど。

 

経営資源、商品ラインナップ、立地などを駆使して、圧倒的な集客を実現しています。

コンビニ1つとっても、あなたの店のライバルになるので、他の店の強みや弱みを調査することはもっと重要です。

 

私なら一等地では飲食店を出さない

一等地ならお客が来るだろう!?って考える人は多いと思います。

 

たしかに、お客さんは多く来てくれるかもしれません。

ですが、一等地ともなると、家賃がとても大きな経費になってしまいます。

 

さらに、多くのお客が来店してくるということは、その分人手が必要です。

人を多く雇うということは、人件費が大きくなるということになります。

 

家賃も高く、人件費も大きいと、忙しいわりには儲からない店になる可能性が高いです。

 

なので、私は一等地には飲食店を出店しません。

理由は、個人でそういった場所に出店しても、商売が長続きしないからです。

 

これはもう、私自身が飲食店という商売をしているのでわかります。

看板、のぼりの設置も考えた立地選び

 

飲食店を出店する時は、ついつい立地のことばかりに意識が集中してしまいます。

だけど、実際お店を出すと、それだけではお店は目立ちません。

 

看板そしてのぼり(旗)の設置をして、はじめてお客からお店の存在に気付いてもらえます。

 

それだけお客さんは、店の存在に気付いてくれないのです。

なので、立地選びをする時には、看板をどこに設置するのか?

 

そして、どんな看板を設置して、お客さんにアピールするのか?

のぼりを設置する時も、どこに設置してお店を目立たせるのか?

 

そういった事も総合的に考えて、立地を選ぶとあとで困りません。

出店したい場所の近くの飲食店の店主に聞いてみる

 

地味にこれが一番よい方法です。

でも人様がやっている店に入って、立地のことは聞き難いですよね。

 

だけど、あとで立地選びに失敗して後悔するより、今勇気を出して聞いてみる方が100倍いいです。

 

私なら絶対に聞き込みをしてみます。

訪問した店主から嫌な顔されて当然!って気持ちで聞いてみます。

 

昼と夜、平日と土日で環境がどう変わるか

 

店を構えて飲食業をするなら、一度出店すると店を移動させることは不可能です。

なので、よく立地を調査する事が重要。

その調査の1つに、昼と夜、そして平日と土日で、周囲の環境がどう変わるかがあります。

 

調査すると言っても、個人で飲食業を始める場合、使える資金も限られています。

なので、出店する店の近くで、人や車の流れを見てみるだけでいいです。

 

これだけでも、立地選びの材料になります。

昼には人や車通りが少なくても、夕方からなぜか増えるエリア。

もしくは昼に多くて、夕方は人や車が少なくなる。

 

こういった状況を、自分の目で確認してみることが大切。

人の流れが無いところに店を出しても、お客さんの来店は期待できません。

 

なので、こういった調査もしたいところ。

最後に

 

どれだけ万全を期しても、不測の事態が起きるのが商売です。

良いと思った立地でも、実際店を出してみると、予想していたよりも売上があがらない事もあります。

 

なので個人で飲食店を始めるときは、どこまでリスクを取れるか!?を考えた方がベスト。

ちょっとでも、ヤバいかも!?と思ったら、引き返すべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 生活

    安いデジタル計量器を買った!0グラム計量もできて便利。
  2. サーバー・ドメイン

    エックスサーバーに設置した既存ワードプレスをSSL化する方法
  3. 格安スマホ

    格安simカード、biglobeのライトSプラン契約してます。
  4. 子育て

    親の不仲が子供にどんな影響を与えるか記事にしてみた。
  5. 生き方

    自分の幸せの見つけ方、他人の幸せが妬ましい人にぜひ見て欲しい
PAGE TOP