下松健康パークのプールで遊んできた!料金、食事情報など

旅行

山口県下松市にある下松健康パークのプールで遊んできました!

屋内プールなので、海のような灼熱地獄に晒されることもありません。

 

子供は海でもプールでも楽しいかもしれませんが、付き合う大人は大変。

なので、日焼けしたくない大人、強い日差しにウンザリしている人。

 

そんな人は、屋内プールがオススメ。

 
こんな人向けの記事です。

下松健康パークの料金、プール内の事が知りたい人。
海かプールで悩んでいる人。
 

下松健康パークのプール利用料金

 

(2017年8月現在の料金)

 

結構良いお値段しますが、時期が時期だけに仕方ありません。

 

ウォータースライダーの利用条件

 

 

はい、プールと言えばウォータースライダーです!

このスライダーの利用条件は、身長が120センチ以上と書いてありましたよ。

(2017年8月現在)

 

実はこのスライダー以外にも、もう1つマジックスライダーって呼ばれる滑り台があるんです。

 

なので、2本の滑り台があるので、待ち時間も分散してそんなに長時間待つこともありません。

 

体感的には10分程度です。

杉乃井ホテル内にある、ウォータースライダーの待ち時間を考えたらわずかな時間で済みます。

 

[s_ad]

 

マジックスライダーは2人乗りの浮わで遊べる

 

 

こっちのスライダーは人気があって、30分くらい待たないと遊べなかった。

 

一人乗り用と、二人乗り用の浮わがあって、彼氏彼女、親子、友達同志で盛り上がれます。

 

で、このスライダーの特徴っていうのが、滑っている途中で、2箇所がトンネルのようになっています。

 

もう真っ暗なわけです。

なので、きゃ~!!っていう声がガンガンに聞こえてきます。

 

そりゃそうです。

真っ暗の中、結構なスピードで滑っていくので、きゃ~、わぁ~の声だってでますよ。

 

でも楽しいので、これオススメです。

このスライダーも利用条件が身長120センチ以上でした。

 

あと、このスライダーと同じところに、ちびっ子でも遊べるミニスライダーがありましたよ。

それがこれ。

 

 

これなら未就学児でも利用できそうです。

 

アクアボールもありました。

 

プールに浮かぶ大きなボール。

そのボールの中で入って遊ぶやつです。

 

写真を取り忘れたのですが、そういったサービスもありました。

利用条件が8歳未満で2分間遊べます。

(2017年8月現在)

 

杉乃井ホテルのプールを利用した事がある人は、たぶんアレね、って分かってもらえるかと。

このボールの利用料金、無料でした。

 

人工波で遊べるプール

 

 

写真みてもらえると分かりますが、手前が浅くて奥に行くほど深くなっています。

 

で、このプール内で人工波を出して、ザパ~ンッ!ザパ~ンッ!と波に揺れて遊ぶことできますよ。

 

僕もこれで遊んでみたのですが、結構揺れるというか、波が来ます。

なので、酔いに弱い僕は、この波程度でも酔った(笑)

 

酔いやすい人注意。

 

1歳、2歳、3歳向けプールもありました。

 

小さな子供向けの、ビニールプールも2つくらいありました。

なので、乳幼児の子供がいる家庭でも、遊べるはずですよ。

 

施設内にも、浅いプールが1箇所あったはずですので、そこでも遊べるはずです。

 

更衣室、ロッカー情報

 

更衣室のロッカーを利用するのには100円が必要でした。

1回100円です。(戻ってはきません。)

 

なのでロッカーを1度閉めて、また開けて、その後、もう一度閉めるにはまた100円必要になってきます。

たかが100円ですが、考えてロッカーも利用したいところ。

 

たしか貴重品入れの無料ロッカーもあったけど、数が少ないので、お客さんの数が多いとその利用は難しそう。

 

なので、貴重品管理も考えておくといいと思いますよ。

 

食事

 

プール施設内に食べ物を販売しているブースが出ていましたよ。

 

たこ焼き、焼きそば、うどん、ラーメン、フライドポテト、フランクフルト、かき氷、ポップコーン

 

我が家では、350円のたこ焼き(6個入り)と250円のフランクフルト1本を購入。

気になるのは、食べる場所(テーブル、イス)ですけど、人が多すぎて、場所が足りない感じでした。

 

なので、ビニールシートを持って行きましょう。

土日祝日だと人が多いので、とても施設内のテーブル、イスを利用できない可能性大。

 

最後に

ウォータースライダーは2本ありました。(利用条件、身長120センチ以上)

ちびっこ滑り代もありました。

人工波で遊ぶプールもありました。

ぐるぐる回って遊ぶプールもありました。

小さな子供向けのビニールプールもありました。

アクアボールもありました。(ボールの中に入って遊ぶやつ)

暖房室(採暖室)もありました。

飲食店を販売しているブースもありました。

ロッカーの利用料金は、1度の開閉で100円でした。(お金は戻ってきません。)

浮き輪に空気を入れるエアーのサービスもありました。

ビニールシートを持って行くこと。