生き方

うつ病の人と話をして確信した、全ての原因は人間関係に帰結する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

私もうつ病を患って、安定剤そして睡眠薬を飲んでいたことがあります。

ただ症状としては、まだ軽いモノだったと今は思っています。

 

本当にうつ病を発症をしてしまうと、取り返しのつかない事になってしまうんだと、あらためて理解しました。

 

そう理解させてくれた人は、うつ病を発症して約2年くらい患っている人でした。

 

人が嫌いになりましたよ、本当に。

 

その人は30代後半、既婚者で小さい子供が3人いるパパさん。

仕事は車の設計の仕事をしているとのことでした。

 

うつ病になった原因は、現場からのクレームそして上司からのプレッシャーだと言っていました。

 

「人が嫌いになりましたよ、本当に。」

 

その人は、本当に疲れ切った顔で私に話をつづけてくれました。

 

設計の仕事は大変らしく、平気で深夜になるまで仕事が続くそうです。

若い頃なら平気だったけど、年齢を重ねるにつれて、体への負担は大きくなっていると。

 

それに加えて、設計図を期日までに完成させないといけない。

進捗状況に遅れが出れば、上司からのプレッシャーが強まるとも言っていました。

 

そうやって必死で作った設計図も、現場から「あれがダメ、これがダメ。」とクレームが上がってくる。

そのクレームを修正すべく、また遅くまで仕事をしなければいけない。

 

そんな生活を5年近く送り、2年前に病院でうつ病と診断されたと話をしてくれました。

 

そしてその人は力ない表情で、吐き捨てるよう呟きました。

 

もう全てが嫌になりました。

 

今も私は、その時になんて声を掛けてあげればよかったのか、分かりません。

 

とにかく体がしんどい、疲れている

 

その人が言うには、とにかく体がしんどい、って言っていました。

特に季節の変わり目がしんどい、と。

 

「たぶん私の心、体には目には見えない大きな亀裂が入ってしまった。」

「その亀裂のせいで、体や心の調子がすごく悪いんです。」

そう語ってくれました。

 

私は、その人と初対面だったので、軽はずみな助言は出来ませんでした。

ですが、言葉では言い表せない気持ちが、心の奥底で湧き出していたのを覚えています。

私の経験上、うつ病の原因は人間関係にぶち当たる

私も軽いうつ病になった経験があります。

なので分かるのですが、うつ病の原因を突き詰めていくと、どうしても人間が絡んでくるのです。

 

その人間関係が原因で、心が病んでしまい、取り返しのつかない事になってしまいます。

ただ、人間関係がない世界で生きていくのは不可能です。

 

仕事にしろ、集団生活にしろ、何をするにしても必ず他人がそこには存在します。

では、どうしたらうつ病を防ぐことができるのか!?

 

その人間関係から離れるしか方法がない

 

私の経験上、自分を苦しめている人間関係から離れるしか、手段はありませんでした。

私の場合、人間関係から離れる=仕事を辞める、でした。

休職という選択肢はなかったです。

 

しかし、仕事を辞めてしまうと、収入がなくなり生活に困ってしまいます。

養う家族がいる、住宅ローンを抱えているなど、考えだすとその人間関係から離れることは容易ではありません。

 

それでも、重度のうつ病になってからでは遅いのです。

私が話をした、2年間うつ病に苦しんでいる人も、体の不調で苦しんでいました。

 

たぶんメンタルも、かなり疲れているのではないかと感じました。

そうなると、日常生活を送るのすら困難です。

仕事をするなんて、超ハードルが高いことになってしまいます。

 

だから、私は自分を苦しめている人間関係から、離れることをオススメしています。

実際、私はその人間関係から離れることで、うつ病の症状が無くなり元気に暮らせるようになりました。

近親者を亡くした悲しい過去

私は叔父を亡くしています。

その亡くなった原因がうつ病でした。

 

仕事のプレッシャーもあったと聞きました。

それに家庭で問題を抱えていたことも、私は知っていました。

 

うつ病になった真の原因は分かりませんが、晩年はとても苦しい時期を過ごしていたようです。

自分自身でも立ち直りたいと言う想いがあったことと思います。

 

しかし、どうすることも出来ない。

年齢的な心身の衰え、それに加えてうつ病の症状が追い打ちをかけて、がんじがらめになっていたと想像しています。

 

叔父が亡くなった後、私が叔父の家に行ったときのことです。

本棚に数冊の本がありました。

その中の1冊のタイトルを今でも忘れていません。

 

「7つの習慣」

 

その本のタイトルを見たとき、「叔父さん立ち直りたかったんだ。」と思った事を覚えています。

でも無理だった。

 

だから私は、苦しい人間関係からは離れることをオススメしているのです。

重度のうつ病になってしまうと、本当に取り返しがつかない事になってしまうから。

 

最後に

資本主義経済で生きている限り、お金が必要になってきます。

そのお金を得る為には、仕事をしなければいけません。

 

その仕事場での人間関係が、たくさんの人を苦しめているのが現実です。

そしてうつ病になる人が多い。

 

病気になるくらいなら、その関係から離れた方がいい。

少し休んで、また新しいスタートラインに立つ方が、長い目でみたら幸せになれると信じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 生き方

    やりたい事が分からなくて、見つからない自分に腹が立っている人へ

    自分は何のために生きているのだろう!?自分…

  2. 生き方

    人生が思い通りにいかない人が知っておくべきことたった2つの事

    人生思い通りにいかない事が多いです。例えば…

  3. 生き方

    ダメな自分を否定して変えようとすると、もっとダメになる理由

    ダメな自分で何が悪いのか1mmも分からないので、記事に残しておきます。…

  4. 生き方

    働くことに疲れて苦痛だと感じている人が幸せになるコツ

    今の日本社会は、本当に生き辛いものだと思う。…

  5. 生き方

    自分の幸せの見つけ方、他人の幸せが妬ましい人にぜひ見て欲しい

    人を妬む自分が好きですか?私は好きじゃないです。&nb…

  6. 生き方

    真面目な人がうまくいかない理由と幸運な人間になる方法

    真面目な人が苦労する世の中・・・こんなこと良く聞きます。あなた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 麻羅観音

    パワースポット

    麻羅(まら)観音に行ってきた。2人目不妊夫婦ですが何か?
  2. 科学のふしぎな話365

    子育て

    子供の好奇心を育てる為に、親が子供と一緒に読む本を紹介
  3. 高校中退

    高校中退してバイト探して面接したけど受からない君へ
  4. 登山

    超よくわかる!山口市秋穂にある串山遊歩道を歩いた!
  5. 生き方

    ダメな自分を否定して変えようとすると、もっとダメになる理由
PAGE TOP